やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2019の受付を開始しました!

  • 2019/4/20

➣大会名称 やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2019

 ~栃木の「ラルプ・デュエズ」こと、八方ヶ原に挑戦せよ!~

➣開催日  2019年8月18日(日)

➣開催趣旨 八方ヶ原は、栃木県矢板市にある標高1,000~1,200mの高原で、周辺には県民の森や赤滝・小滝・寺山の鉱泉があるなど、豊かな自然に恵まれた地域です。

 このヒルクライムレースは、八方ヶ原の観光道路を利用した全長13.4㎞、平均斜度7.1%、標高差950mを上るコースで、ツール・ド・フランスの山岳コースに似ていることから、「栃木のラルプ・デュエズ」と呼ばれています。八方ヶ原コースのゴールである大間々台の展望台からは、雄大な関東平野の眺望とともに大自然の楽園が出現します。

 本大会では、矢板市を全国にPRするとともに、地域の活性化と自転車のまちづくりを推進することを目的としています。

 2019年は4月20日(土)から受付を開始します!皆さま奮ってご参加ください!

申し込みはこちらから↓

https://happougahara-hillclimb.com/ [

 

じてんしゃの駅

じてんしゃの駅

じてんしゃの駅とは、スポーツバイク用のバイクラックが設置されているスポット。施設によっては、修理用工具、空気入れポンプを設置しています。

栃木県自転車情報

栃木県矢板市は、自転車を活用したまちづくりで、県内市町との広域連携を積極的に展開しています。

栃木県県北サイクルツーリズム協議会
サイクルランドとちぎ

連載

じてんしゃ屋フレーシュ

じてんしゃ屋フレーシュ

整え屋

整え屋
ページ上部へ戻る